賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

賃貸物件を探す際には家の向きも考慮しよう

賃貸物件を探す際に間取りや家賃などは重要な要素でしょう。実際に住むとなると、やはり快適な家に住みたいと思うものです。最近引っ越した家は家賃もそこそこ安く、間取りもよく、内装も比較的きれいだったのですが、一つだけ気になることがありました。それは家の向きです。

その家は北向きの家だったのです。ただ、高層の建物なので、比較的日は当たりますし、今のところ向かいには高い建物がないので見晴らしもいいです。いくつか見た賃貸物件の中では一番条件に合っているものでした。何よりも時間的な期限を考えると悠長なことは言っていられなかったので、その家を借りることにしました。

冬場に入り不安に思っていたことがやはり生じました。北向きなので家の中の空気がひんやりしているのです。天気のいい日に窓を開けると、なんと外の空気のほうが部屋の空気より温かいのです。きっと南向きの家なら暖房が必要ないんだろうと思いながら朝から暖房器具をつけます。そうすると当然光熱費も多くかかります。冷え性の私にとって苦手な冬、しかも家の向きの関係でいっそう家の中がひんやりしてしまうのはちょっときついと感じています。次回の更新の際にはできれば南向きか、せめて東向きの家を探そうと思っています。

新着記事