賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

賃貸マンションでの怪奇

少々古めの賃貸マンションで生活をスタートさせて1年が経過した頃から、ベランダのゴミが気にかかるようになりました。広くて布団もたくさん干せるそのベランダを気に入っていたのですが、ベランダに出るたびに細かくて黒いゴミが落ちているのです。基本的に衣類は部屋干しで布団などの大物だけ外に干す習慣の私は、1年の間あまり気にも留めませんでした。初めは気にせずほうきで掃いていたのですが、あまりの頻度に「何のゴミだろう、日中鳥がベランダで遊んでいるのかな」と思い始めました。その想像は、後日もっと恐ろしい事実として私の目に飛び込んできたのです。

夫の帰宅が遅くなったある日の夜、何の連絡もないことから心配になった私はいつもは早々に下ろす窓のシャッターを上げて、窓越しに外の駐車場を見ていました。その時私の目の前を黒い影が素早く横切りました。それも何度もです。なんだろう思って目を細めるとベランダの軒下に何やら蠢く影があります。室内の電気を消して恐る恐る懐中電灯でベランダを照らすと、そこにはコウモリが5匹ぶら下がっていたのです。そうです。あの黒いゴミはコウモリのフンだったのです。あまりの光景に半狂乱になった私は夫が帰宅するまで泣き伏せっていました。翌日の朝管理会社に連絡を入れて、すぐに専門業者の方に来ていただきました。私の話を聞いた業者の方は、おもむろにベランダの排水口に大量のスプレーを噴射しました。すると、しばらくして中からコウモリが続々と這い出してきたのです。夜になるとどこかの森から飛んで来ていたのではなく、我が家のベランダの排水口を住処にしていたのです。あの光景は今でも夢に見てうなされます。業者の方が後処理もしてくださり、今後住みつかないような処置もしてくださいましたが、またいつベランダに蠢く影が見えないか不安で、決して布団を干せなくなってしまいました。

新着記事

お役立ち情報