賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

新婚で賃貸物件を契約、ラブラブははずが・・

結婚を機に築20年の賃貸マンションを契約し、新生活を始めました。築20年とはいっても外観は今時なオシャレな感じに塗り替えられ、内装も畳と壁紙とシステムキッチンが新調されていてとても綺麗でした。部屋数も3DKで豪華ですし、なんといっても立地条件が良く、最寄駅まで徒歩8分で大型スーパーへも裏道を通れば徒歩10分でした。車を持っていない私にとってはとても魅力的で、即契約を決めました。

そして心機一転しての新婚生活が始まりました。さぞラブラブで幸せな毎日を送れるものと想像していましたが、思わぬ障害が発生したのです。騒音問題です。外に面したキッチンに大きな開口の窓があり、そこから外を走る電車の走行音が昼夜を問わず突き抜けてくるのです。その音は凄まじく、テレビを大音量で付けていても全く聞こえませんし、隣の主人に話しかける時も耳元で大声を出さなければならないほどです。年代物の大きな窓ガラスはペラペラの1枚ものでどんな音でも簡単に通し、遮音性能はほぼゼロといった感じでした。

さらにもう1点困った事があります。それは夏に発生するのですが、私たち夫婦は共働きなので、先に帰宅した方が窓を開けて換気を行います。先に帰宅した方は地獄です。古いコンクリート造りのマンションで屋根も熱を溜めやすい素材だったようで、とにかく部屋中が灼熱地獄になっています。温度は7月半ばから35度を軽く超えていました。料理を作り出すと窓を全開にして扇風機を回しても40度近くまで上がります。まるでサウナの中で何かの訓練を受けているかのような毎日です。夫も根を上げて熱を溜めた床でくたばっています。立地条件だけに踊らされてはいけませんね。住み始めて1年ですが、すでに本気で引っ越しを検討しています。

新着記事