賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

築年数40年の賃貸アパートに住む私の悩み

私が住んでいる賃貸アパートは、築年数が40年くらいで結構古く、5階建てでエレベーターがついているのは他の物件より良いですが、ひと世代前は4という数字が不吉とされる風潮があったと思うのですが、うちのアパートには4階という表示はありません。そんな古アパートですが選んだ理由は駅から近いのに4万円代の安い値段で2LDKという条件だからでした。古いので気密性が悪く、夏はクーラーをつけても暑いし、冬は暖房をつけても寒いので、光熱費がかかります。特に夏はもろに西日が差し込み、家族はクーラーをつけているのに熱射病になってしまい、物件選びに失敗したなぁと思う事も多いです。

この賃貸アパートに引っ越してきた当初、原因不明なのですがお風呂の水が出なくなったりしたこともありました。しかしここまでは古いからありうるという範囲なのですが、住んでみて一番不快に感じたのは郊外で周りに他に高い建物がないために、風がある日はヒューヒューと風が建物にぶつかる音がひどく、音的にも気持ち悪く、引っ越してきた二週間くらい気持ち悪くて寝れませんでした。多分一階や二階など下の階だとない問題だとは思うのですが、私の階は最上階で、いままで住んだ物件はすべて一階とか二階だったのでこういう問題があるとは気づきませんでしたし、この物件を紹介してくれた不動産屋さんも、もしかしたら知らなかったのかも知れません、不快な音に関する事前情報がなかったです。あとは借りる前からわかっていたことではありますが、私の賃貸アパートは築年数も古いし、コの字型なので万が一大地震が起きてしまったら、すぐに倒壊しそうなところも困っているところです。

新着記事

お役立ち情報