賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

賃貸物件、安さに潜む落とし穴

今の賃貸に住んで気付いた事、困った事をいくつか取り上げます。これから物件を探す方の参考に少しでもなれば幸いです。まず今の物件は、築浅で比較的相場より家賃も安め。しかも駐車場が無料だったのに惹かれ契約しました。駅までは遠いですが、普段は車しか使わないライフスタイルなのでその点は気にしませんでした。大きなスーパーには車で5分位で行けるし、私にとってはさほど立地が悪いとは思わないです。確かに周りは田んぼだらけで少々田舎な雰囲気は漂いまさが、静かな住環境もメリットの一つかと思いました。がしかし、考えは甘かったです。実際物件を下見して契約したのは冬の季節。田んぼってその時期は休んでる季節ですよね?だから静かで何も気に留めませんでしたが、いざ田植えの時期になると賑やかです。道路には軽トラやトラクターが止まっていて車を出すのも一苦労。一番困ったのが農薬です。ある程度稲が成長してきた夏の頃、どこそこの田んぼで農薬をガンガン巻き始め…窓は開けられないどころか洗濯物も外に干せない。アパートの方が後から建ってる訳だから文句も言えませんし。また、虫も多い気がします。自然豊かな環境と言えば響きはいいですが、実際生活してみると、大変な事多いです。

賃貸でも周辺の環境、地盤を入念に下調べした方がいいです。おそらくこのアパートが建つ前、ここも田んぼだったと思います。そういう田んぼを埋め立てて家を建てるのはよくある事だと思いますが、地ならしがしっかり出来ていなかったのでしょうか?住んでいるうちに少々傾きを感じます。こういうのは住んでみないた分からない事ですが、埋めたてから建築までがあまりにも早い物件は用心した方が良さそうです。

新着記事

お役立ち情報