賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

築年数の古い賃貸マンションでの困りごと

私は現在、築30年近い賃貸マンションで暮らしています。駅に近く、日当たりも良く、それなりに気に入っているのですが、困っている点が一つあります。それはやはり、築年数の古さからくる設備の老朽化です。入居当時はちょうどリフォームされて間もない頃だったので、内装は綺麗でした。フローリングも壁もピカピカ、これなら古さもあまり気にならない…と喜んで住み始めたものの、いざ生活してみると、色々と不便な所が出てきたのです。

まず、窓の鍵が錆ついていて開け閉めしづらいです。お風呂のドアは音を立ててきしみます。これについては内見時に気付いてはいましたが、細かい所なので、引っ越す前までは「そう気にすることもあるまい、我慢できるレベルのことだろう」と思っていました。しかし実際は、毎日のことなので結構イライラしてしまう時もあり、思っていたよりやっかいな問題でした。そして一番大きな不満が、水回りのトラブルです。排水管という表からは見えない部分にガタがきており、こればかりは内見時に気付くことは出来なかったため、入居後、かなり困らされることとなりました。引っ越し初日にお風呂場の水が出ないという出来ごとから始まり、台所の蛇口がきつく締めてもポタポタ垂れたり…と、トラブル続きです。内装だけ綺麗になっていても、そこはやはり古い物件、こういった問題が起こる覚悟は必要だなと学びました。

新着記事

お役立ち情報