賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸に引っ越しをすると必ず何かが持ち上がってきます。

賃貸ならではの困りごと〜壁の薄さ〜

賃貸物件に住んでみて、これは困ったなあとか何とかならないかなあと思ったことは何ですか?内装が綺麗にリフォームされていた事が気に入って契約した築20年の物件で私が直面した問題は、壁の薄さでした。右隣の住人は若いご夫婦で、旦那様は交代制のお仕事に従事してらっしゃる模様でした。とにかく壁が薄いため生活音がダダ漏れで、深夜に奥様が起きだしてお弁当を作ってらっしゃる音で目が覚めます。調理手順の音で今日のお弁当のおかずが何なのかを当てられそうな音漏れ具合でした。寝息の音や衣擦れの音さえも聞こえてくる始末です。

左隣はどこかの会社の借り上げ物件になっているのか、外国籍の方が5〜6人で集団生活を送っておられるようでした。人数が多いためか交代制のお仕事だった為なのかは分かりませんが、洗濯の回数が半端ではありませんでした。昼夜を問わず一日7回以上洗濯機が作動していました。低く響く機械音に悩まされて寝不足気味になりましたが、最後には慣れてしまいました。人間の適応力って恐ろしいですね。最終手段として、吸音性に優れたボードを購入し両隣に接した壁に取り付けたところ、すこしマシになりました。物件を選ぶ時に隣人の生活サイクルまで把握するのは難しいですから、壁の厚さと遮音性能には最低限こだわりたいですね。

新着記事

お役立ち情報